《memo'tock について》

memo'tockは、北海道が大好きな道外出身の学生が集まり、地域の観光、産業を盛り上げるために設立されました。

memo'tock (メモトック)の由来は、記憶(memory)を遺す・保存する(stock)。

道北地方を中心とした北海道の魅力を、グッズ製作、イベント企画、ウェブサイトなど様々な形で発信することで、道北地域の経済活性化を目指す団体です。

道北地域の未来のため、道外生まれの若者が、地域の方と一緒に、活気ある地域を創造します。


《団体 これまでの歴史》

2019年10月 
第5回糠南クリパに向け、参加記念証の企画・製作を開始

2019年12月 
団体としての活動を開始。上記参加記念証を販売

2020年04月 
北の駅訪問証の販売を開始するも、感染症の影響で一時活動休止

2020年07月 
北の駅訪問証の販売駅数の拡充を開始

2020年09月 
北海道での活動拠点整備を開始

現在、複数市町村にて様々な活動を展開中


《団体理念》

北海道の魅力を形にし、幅広い人に提供する

潜在的な魅力を最大限活かすため、地域との連携を図る

社会・環境の変化を常に意識し、未来を見据えた行動をとる


《活動展開》

memo'tockでは、メンバーが当初から道北地域に強い魅力を感じていること、また幌延町でのイベントが団体設立のきっかけとなったことから、今後も同町を中心に道北地域の活性化を目的とした活動を継続していく予定です。団体として以下のような多くの活動に携わり、地域の魅力を発掘してファンを増やす、新たな産業(雇用)を生み交流人口を増やすといったことを目標に活動に取り組んで参ります。

  • グッズをはじめとした土地に根差したお土産類等を提供し、観光客が長時間滞在できる環境を整備する(食堂や宿泊施設とのグッズでの連携も視野に入れる)
  • 鉄道沿線などにとらわれない広域連携による価値提供や地域全体としての魅力向上を図る(訪問証をはじめとしたプロダクトは複数自治体で展開予定)
  • 観光客が長時間滞在できるようなパッケージとして、イベントの一層の活用を図る
  • より広い顧客層を想定した物品をEコマース(電子商取引)などを通じて販売することで、その顧客層に対しても道北地域の魅力を伝え、ファン層の拡充を図る
  • 時代の変化に合わせ、ホームページ・アプリ等を利用しながら地域の魅力を発信する
  • 市町村の枠組みを超えた広域的な連携を生むことで、新たな施策を展開する
  • 地方部と都心部とを繋ぎ、地方で新たな産業を開拓し新たな生活様式の形成の端緒にすべく、地方で求められる技術や人材と、実践の機会を求めている都心部の若者のマッチングを図る

《memo'tock 団体概要》

名称
memo'tock (メモトック)
本部所在地
福島県福島市
(北海道内への移転準備中)
構成員数
11名